Club A600

Club A600

高性能カーアンプ

2020から現在まで販売

Club A600を始める

Club A600を始める

クイックスタートガイド

わかりやすいクイックスタートガイドで、今すぐ使い始める

Product Registration

製品を登録する

この製品をお持ちですか? こちらからご登録ください!保証やサービスの依頼が簡単になります

今すぐ登録する

ドキュメントとダウンロード

製品仕様

350W RMSx1 4Ω(600W RMSx1 2Ω)
クラスDアンプ技術
可変式ローパスフィルター(32-320Hz、12dB/octave)
可変式バスブースト(0~12dB 45Hz)
フェーズスイッチ(0、180°)
プリアンプとスピーカーレベル入力
ヒューズ定格:30Ax2
8ゲージの出力およびアース用のリード線を推奨。リード線と取付け用金具は別売です
22cm Wx5.13cm Hx18cm D

JBLのパワーとパフォーマンスを備え、バリューエンジニアリングカーアンプ

New高性能JBL Clubアンプは、スペースが限られていても、多くの車にフィットするように作られたコンパクトなボディーにより、ワールドクラスのJBLパワーを生み出します。4チャンネル、5チャンネル、モノラルモデルからお選びいただけます。Clubアンプは、高精度なコントロールとチューニングが可能で、可変式クロスオーバーネットワークとバスブーストをほぼすべてのカーステレオへ組み込むことができるハイレベルおよびローレベル入力を特長としています。付属のモノラルおよび5チャンネル用の有線低域リモートレベルコントロールは、運転席から音量調節がしやすく取り付けが可能です。

JBL Club A600アンプは利用スペースが狭くても、多くの車にフィットするスリムなボディーとコンパクトなサイズが特長です。
スピーカーレベルおよびローレベル入力により、Club A600はアフターマーケットと工場出荷時のどちらのカーステレオシステムにも組み込むことができます。
類似価格でお求めいただける多くの他社製アンプと異なり、JBL Club A600は高精度のシステムチューニングとパフォーマンスを可能にする可変式電子クロスオーバーネットワークとバスブースト回路を特長としています。
Club A600はバランスの取れた差動入力を用いて設計されていて、高出力レベルでも低ノイズと低歪みを実現しています。また、回路は車のエンジンノイズの影響をほとんど受けません。
ローレベル入力を使用する場合、このコントロールで200mVrmsおよび2.0Vrms間の入力音圧レベルを調節します。ハイレベル入力を使用する場合、このコントロールで2.0Vrmsおよび20Vrms間の入力音圧レベルを調節します。
オンボード回路はClub A600をショート、高温、過電圧、不足電圧から保護します。LEDインジケーターが搭載されていて、これらの状態に該当する場合にそれを通知します。
このスイッチで、入力フェーズを逆にしたり、元に戻したりします。このスイッチは特に、エンクロージャータイプと車両内での位置に基づくシステムチューニングの際に役立ちます。
有線RBCリモコンは簡単に設置でき、運転席からの音量調節も簡単です。

なにかお困りですか?

令和6年1月に発生した能登半島地震により被災されました皆様に心よりお見舞いを申し上げます。弊社は、本地震の被災により生じた弊社製品の故障に対し、機能回復のために必要な修理に限定して、保証期間に関わらず可能な限り無料で修理を承ります。詳しくは、こちら(https://www.harman.com/Japan/Press-Release)のプレスリリースをご覧ください。被災地の皆様の生活と状況の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

弊社の3営業日以内には、サポート担当より連絡させて頂きますので、今しばらくお待ちください。

メールでお問い合わせ
チャットでのお問い合わせ

チャットでのお問い合わせ

受付時間: 土日・祝日・年末年始を除く、平日9:30~17:30